子供の口が臭くなったので口臭対策しました(4歳、5歳、6歳のマウスウォッシュ)

子供の口が臭くなったので口臭対策しました(4歳、5歳、6歳のマウスウォッシュ)

我が家では以前の記事で書いた通り1歳から子供の歯磨きに気をつけています。

あれから数年経って大きくなっても歯ブラシの仕方は変えずにいましたが最近気になることがあります。

それはお話をする時に口が臭いのです!

最初は幼児ならではのもの、例えば口を閉じないでいたり、口呼吸をして臭くなりやすいのかなと思っていました。

でも、口をちゃんと閉じるようになっても臭いが改善しませんでした。

そこで口臭の原因がなんなのか調べてみました。

口が臭くなる理由

口臭の原因として大きく4種類あるそうです。

口の中が原因

口腔(口の中)に原因そのものがある場合です。

私が気にしている歯磨きをしっかりするのもこれのためですね。

食事の後の食べかすが歯に残って悪臭を出したり、歯周病になって細菌が悪臭を出します。

生理的口臭が原因

朝起きた時やお腹が空いている時、または生理によるホルモンバランスが崩れている時に口臭を発生します。

私も経験がありますが、朝起きた時の口は臭いですよね(笑)

けれど、食事をして歯磨きをしたら消えてしまっております。

常時臭い続けるものでは無いので普通に過ごせば心配無いです。

飲食物、嗜好品が原因

にんにく、酒、タバコなど摂取したら口が臭くなります。

私はにんにくが大好きなので独身時代には丸源ラーメンににんにくチップをたくさん入れて食べていました。

食べるたびににんにくの量を増やしていったら口臭だけでなく、全身の毛穴から臭いが出ているくらい臭くなったことがあります。

完全に消えるまで2日くらい必要だったので何事もほどほどです。

これも摂取をやめれば常時臭い続けるものではありません。

病気が原因

先に書いた歯周病も病気ですが、こちらは全身の病気が原因で口臭を発生します。

呼吸器、消化器、耳鼻咽喉などなんと無くイメージできそうなものから糖尿病、肝硬変などまで多岐にわたって口臭の原因があります。

正直口臭そのものより怖いです。

さて、歯磨きをちゃんとしているのに口が臭い子供はどれが原因なんだろうと考えました。

常時臭うのは口腔か病気なので、やっぱり歯磨きが足りなそうですね・・・

マウスウォッシュをやってみた

歯ブラシが届く範囲は綺麗に磨けていると思っている。

でも口腔に原因があるとすれば、歯ブラシが届かない隙間や舌の汚れだと考えました。

まだ未就学児の子供に歯間ブラシをするのも時間がかかるし痛くて嫌がりそう。

舌の掃除も力の加減が難しいからまだやりたく無い。

ということで行き着いたのがマウスウォッシュです。

大人用はCMでもたくさんやっていますし、私が子供の頃から見ていますが5歳の幼児でもできるのでしょうか。

マウスウォッシュは刺激があったと思うのでどうなんだろうと思い調べて見たら2種類の製品が候補に上がりました。

クリニカKid’sデンタルリンス

結論から言いますと我が家はこれに決めました。

ライオン製の「クリニカKid’sデンタルリンス」になります。

ストロベリー、ピーチ、ブレープの3種類ありますが、Amazonで値下げされていたストロベリーとピーチの2つを購入しました。

口コミを調べるとストロベリーは甘めでピーチは少しの刺激があるみたいです。

在庫の関係か先にピートが届いたので早速試して見ました。

うちの子は炭酸などの刺激飲料が苦手です。子供ビールも偶然もらって時に飲ませましたが嫌いでした。

その為マウスウォッシュの刺激を嫌いにならないよう先手を打ちます。

まずはマウスウォッシュがどんなものなのか説明です。

「これは歯ブラシで届かないばい菌をやっつけてくれるものだよ」

「少しシュワシュワするのはピーチジュースと間違えて飲まないようにする為だよ」

すると子供も理解してくれたみたいなので早速チャレンジです。

口に入れて30秒くらいクチュクチュして吐き出します。

途中で嫌だとも言わずに最後までできました。

刺激は大丈夫だったのか聞いて見たら「シュワシュワするけど大丈夫」とのことでした。

急にお兄ちゃんになったみたいで嬉しいです。

数日後に遅れてストロベリーも届きました。

こっちも試して見たら、口コミ通り甘くてシュワシュワしないみたいです。

結果論ですが、我が家は刺激のあるピーチを先に使ってよかったと思います。

ストロベリーが基準になると刺激に反発するかもしれなかったですし、間違えて飲まないように教えられたからです。

モンダミンKid’s子供用マウスウォッシュ

今回クリニカKid’sデンタルリンスを選びましたが、もう一つの候補はアース製薬製「モンダミンKid’s子供用マウスウォッシュ」です。

同じくらい人気のシリーズでこちらもぶどう味といちご味があります。

口コミを見ると「クリニカKid’sデンタルリンス」よりも刺激が少ないみたいです。

その為こちらを選ぶ人も多いみたいです。

値段も「クリニカKid’sデンタルリンス」とそんなに変わりません。むしろ「モンダミンKid’s子供用マウスウォッシュ」の方が少し安いです。

我が家もマウスウォッシュのような消耗品の場合少しでも安い方を購入します。

味もブランドも実績もほとんど差がないのに何故高い「クリニカKid’sデンタルリンス」を購入することに決めたのか。

それは着色料が入っていた為です。

ぶどう味のパッケージを見ると「赤色227号、青色1号」と書かれています。

対して「クリニカKid’sデンタルリンス」にはそのような表記はありませんでした。

正直なところ、普段食べている物にだって着色料は含まれています。

子供用に作られているマウスウォッシュに問題があるとも思っていません。

ただ、ジュースと違ってグラスにたくさん注いで色を眺める物で無く、口に入れてる吐き出す物に色をつける必要は無いかなと思い「モンダミンKid’s子供用マウスウォッシュ」の購入をやめました。

結論

2つを紹介しましたが、性能に殆ど差はないと思います。

●少しでも安くて刺激が無い物が欲しい人は「モンダミンKid’s子供用マウスウォッシュ

●マウスウォッシュに色はいらないと思う人は「クリニカKid’sデンタルリンス

どちらを買っても使い続ければ口臭が減って行くと思います。

我が家もマウスウォッシュを使い始めたら劇的に効果が出てきました。

気に入ったものを是非使って見てください。

【補足】大人用マウスウォッシュ

4歳、5歳、6歳の子供に合ったマウスウォッシュを紹介しましたが、口臭に悩むのは大人も同じ。

というわけでパパ、ママが使っているマウスウォッシュを紹介します。

リステリン トータルケア+

子供用以上に沢山種類があるマウスウォッシュですが、我が家ではこれ1択です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン製の「リステリン トータルケア+」はリステリンシリーズの1種類です。

他にも用途別にホワイトニング用やクールミントなど複数あります。

最近では一般のドラッグストアやTVのCMでも紹介されるようになりましたが、我が家はかなり前から使用しています。

量も複数ありますが1000mlをAmazonで購入すると値引きや付属品がつくのでオススメです。

子供用は250mlなので一緒に並べると大きさの違いがよくわかります。

数あるマウスウォッシュの中で何故これをずっと使っているのか。

それは「歯がツルツルになるくらいのパワー」です。

とにかくマウスウォッシュ前と後で口の中が全然違います。

口臭も一発で無くなる爽快感は凄いです。

デメリットは刺激が強すぎることです。

子供用の比では無いですので初めて使うとあまりの刺激で口の中が痛くなります。

刺激の強さがパワーの証ではありませんが刺激に弱い方は注意してください。

皆さんもマウスウォッシュで口臭の無い生活を目指してみてはどうでしょう。

子育てカテゴリの最新記事